海外転職エージェントまとめ

MENU

まとめ

海外に設立した日系企業の駐在員や、日本国内のグローバル企業への就職におすすめなのがコチラです。

業界TOPの求人数を保有している事と、多様な会社と取引実績があることから間違いなくNo1の海外転職エージェントとなります。

エージェントはグローバル企業に特化した専門の担当がつきますので、企業研究、面接対策もカバーできます。

 

 

 

こちらは現地採用での海外転職におまかせなエージェントです。国としては特にアジア(シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシア、中国、香港、韓国)とイギリスに支店があり強みです。

日本人向けの求人と、グローバルハイキャリアな求人も保有。エージェントは外国人が担当するなど転職成功に向けたサポートに厚みがあります。

 

 

 

転職エージェントとしては2位の規模の求人数を扱っています。海外に特化したサイトではありませんが、人的な対応に強みがあり、しっかりとエージェントと転職会議を行って進めていけます。

日系企業のグローバル化に力を入れており、海外出張、勤務、立ちあげプロジェクト等の求人が見つかります。

 

 

 

こちらの企業も日本で有名ですがもともとはスイスの会社です。海外転職エージェントも活用でき、日系グローバル企業、外資系企業への就職に使えます。

世界中で取引先があるので国を選ばず活用できるのが強みです。

 

 

 

インド、中国、韓国、台湾、ベトナム、タイ、シンガポール、インドネシア、アメリカ、カナダでの日本人の職業斡旋を行っています。 派遣やアルバイトの仕事が多めですが正社員も扱っています。

海外転職の状況

海外転職の人気は横ばいですが世界的な情勢や自分の国の雇用を守るため、外国人労働者を規制している国が増えています。

海外で働くためにはどの国でも就労ビザが必要となり、それぞれの国で条件があります。

どの国でも「学歴大卒以上」や「自国の労働者ではできない仕事」や「数年の専門職務経歴」を条件としてるところが多いです。

 

そんな中で日本人が海外転職するには?

可能性が高い求人のうちの1つは「日本人でしかできない仕事」です。

  • 日系企業への転職
  • 日本語が必要とされる仕事
  • 日本人的なきめ細やかなサービスが要望されてる業務

こういった仕事ですね

それから日本のグローバル企業に転職して、駐在員として海外で働く仕事も可能性ありです。

いずれの場合も海外転職エージェントと相談しながら求人情報を提案してもらいながらすすめて行きましょう。

 

日本人の特性が関係ない求人もある

求人の中には日本人だから採用が優遇される、というわけではないモノもあります。

グローバルな人材で専門知識、業務経験がある人材であるとか、その人でなければできない仕事、ならビザも取りやすいです。あるいはビザサポートしてくれる企業もあることでしょう。

 

どの国で海外転職する?

最初から国を決めてる人はその旨を海外転職エージェントに伝えて探してもらえばOKだと思います。

以前いちど行ったことがあって慣れてる国や、憧れがある国があればそこに焦点を当てて活動していきましょう。

一度も行ったことがない場合は一度は行かれる事をおすすめします。その国について多少なりとも知ってないと渡航してからの生活が不安になります。

 

求人が多いのはアジア

アジア各国がこれからまさに発展していこうとしている段階です。日本企業の進出の増加、海外企業の投資も増加しており人材が必要とされてきました。

シンガポールは2014年から規制が厳しくなりましたがそれでも可能性はあります。タイ、マレーシア、香港、フィリピン、ベトナム、インドネシア、台湾は日本人に人気の海外転職先です。

中国、韓国は例の問題で一時期よりだいぶ求人数も減っています。し、進出企業も減っています。チャイナ・リスクに備えて他のアジア諸国に進む会社が増えてきました。

アメリカ、ヨーロッパは失業率が高く厳しい

全く無いことはありませんが、日本人で働くにはよほどタイミング良く求人が出てないか、ハイキャリアな人材でなければ難しいと思います。