営業・販売 | 海外転職エージェントまとめ

MENU

営業職・販売職が多い

海外で働きたい場合、給料や待遇を考えなければ営業職、販売職が非常に多いです。経験者は採用に有利となりますが、必ずしもそうではありません。海外転職エージェントと相談して可能な求人を提案してもらいましょう。

 

営業職

営業はどんな会社でも必要な人材なので海外に法人を作ってるメーカー、商社、金融などで需要があります。

日系企業の求人が多めですが、日本人相手のビジネスを行ってる海外企業からも日本人の登用が進んでる場合もあります。

最近は日本語が話せる現地スタッフを雇うケースも増えているので、彼らはライバルとも言えますね。

◯ルートセールス、法人営業
お得意先の重要企業をまわる営業職です。海外に進出してる日系企業に対して営業をかける仕事です。 顧客の要望抽出、開発部門や生産部門との調整をしつつ提案営業なども行います。

相手が日系企業なので日本語がよく使われます。ゴルフ接待や、飲みの場など日本人的な対応が必要な場合もあります。

◯システム営業
ITが強みがあるためシステムインテグレーション営業の仕事です。ITインフラ構築、基幹システムの導入の提案などを現地の日系企業に対して行う仕事です。

◯マーケティング
営業とともにマーケティングの仕事もあります。周辺国あわせて市場のリサーチ、戦略立案をする仕事。出張多めとなります。特に東南アジアには主要拠点となる国が多いので求人としてはよく見られます。

 

販売職

昨今、日本の飲食業が海外に進出するケースが増えており、現地での店舗マネージャーを任せたいという求人情報も見られます。

日本での経験者優遇、現地スタッフをまとめるため語学力+管理者能力が求められる大変な仕事です。

その割に給与は500万円前後と言った形で日本では普通のレベルです。現地の物価の安さによっては裕福な生活もできる仕事、とも言えます。

◯販売職、店舗運営者
店舗のマネージャーです。現地スタッフをコントロールするなど現地の言語が話せることと人望も必要となります。国内の本社との調整を行うなど板挟みになることもあるかもしれません。

◯代理店管理
海外に拠点がある企業で、代理店営業をかけている場合など、代理店の提携業務、管理業務などがあります。市場調査と販売戦略立案などの仕事です。